㉜【外構の進捗状況(2)完成/Web内覧】・・・一戸建てへの道

家づくり

外構の進捗

外構工事を始めてからというもの、天候に恵まれて中断することなくどんどんと進んて行く。

そのスピード感を分かってもらいたいので、以下時系列で記載していきます。

4/10(土)

補強用に造った壁の内側に土を盛った後、防草シートで覆いその上に砂利を敷き詰める。

砂利で土台が整った後、とうとうウッドデッキの柱を設置する。

ここまでを1日でやってもーた!!

4/12(月)

この日は午前中に玄関側にコンクリートを流し込む作業。

非常に緊張感高まる作業です!!

作業前はこんな感じ↓

そして、10時過ぎにコンクリート業者が登場。作業開始!!

コンクリートを流し込んで、ならす作業を繰り返す。

しばらくして改めて見てみると、

おお、終わっている!!

これはもう入っちゃダメな状態だ。

近所の悪ガキがふざけてツンツンしないように見張らないとなぁ。

・・うん? 近所の悪ガキ?

ああ、うちの長男が友達と一緒に学校から2時ごろ帰ってくるじゃねぇか。

あぶねぇのはこいつらだ。

一応、在宅勤務中だが

2時過ぎからは長男が帰ってこないか2階からちょいちょい監視。

そして、2時半過ぎに友達と4人で帰ってきた。

新居に引越してからというもの、長男は同じ方面に帰る友達と一緒に男女2×2の4人で帰ってきている。

こいつは本当に人生楽しそうだ。

とにかく、やつらには早く消えてもらいたい。

「おーい、お帰り。今日、コンクリートやってもらったから触らないでねぇ」

と2階からいうと、子ども達は珍しそうにコンクリートの近くに集まる。

うわ、くんなょ!!

すると、ああぁ!!!という声が・・・

男友「ああ、さわっちゃったよ」

はぁ!!??

すぐさま駆け下りて玄関ドアを開けると、

長男が申し訳なさそうにこちらを見ている。

長「ちょっとさわっちゃった・・・」

くっそぉぉぉぉぉ!!!! やりやがったなぁ!!!!

せっかく2時過ぎから監視してたのによぉ!!!!

今回の「やるな」は本気の「やるな」だったんだぞぉ!!



しかし・・・


まぁ、今回は何か金銭的な実害があるわけじゃないし、

今日、4/12は長男の誕生日だから記念ということで良しとするか。

我ながら相当なポジティブシンキングが身についていると再認識。



ただ・・・

夕方に妻が次男と娘を連れて保育園から帰ってきたのだが、

妻「このクソがぁ!!」

という怒号が玄関から聞こえてきた。

何事かと駆けつけてみると、

妻「あいつ、やりやがった」

どうやら、次男がよろけて手をついたらしい。

・・・兄弟そろってやりやがって
しかしまぁこれも長男の誕生日記念ということで!!(相当ポジティブ)


玄関側は午前中にやって、後は乾くのを待つだけの状態だが、

ウッドデッキ側はどうなっているかというと・・・

板をはり始めてる!!

奥行きは2.4メートルと聞いていたが、まぁまぁ広い!!

そして、幅は6メートルあるからな。結構ゆったりできる!!

4/13(火)

この日は残りの板を敷き詰め、手すりを取り付ける作業。

外構業者が発注した具材は、注文した寸法通りに納品されてきているのだろう。

もうあとは組み立てるだけの作業ということか。

どんどん進んでいく!!

4/14は午前中雨。

業者の人は午後から来て作業を進めている。

あれ、ちょっと待てよ・・・ 4月末まで工事はあるって聞いていたが、もうほとんどできてないか。

そう思って、親方にちょっと話しかけたところ、

親「明日には終わっちゃいますよ」

なっ!!(鬼速)



そして、4/15のお昼過ぎ。

親「これで工事は終わりましたので、後ほど設計のほうからご連絡させていただきます」

お、おわってもうた・・・

家も外構も、とうとう完成した!!

ということで、Web内覧というか、Web外覧といきましょう!!

Web外覧

ウッドデッキ

外側

まずは外から見てみましょう。

親方の判断で、急遽造ってくれたコンクリートの壁があります。

これなら安心!!ちょっとやそっとの地震にもしっかりと耐えてくれそうですね!!

内側

さぁ次は内側です。

まずはリビングから見てみましょう。

これは朝に撮った画像です。

晴れた日は朝日がたっぷり入って、目覚めの良い朝を迎えられそうですね!!

それと、カーテンを広げるとリビングが広く感じる効果もあります。


では、いよいよウッドデッキに出てみましょう。

なかなか広い!!

今思えば、この土地を見た時に「ウッドデッキ案」を構想しておよそ一年。

とうとうこの日が来たんですなぁ!!

※土地を見た時の状況

②【土地】・・・一戸建てへの道

構想していた物が具現化するとやっぱ感動しますね!!

それと、このリンク先にも記載しましたが、

擁壁が5メートルあるため、通行人から見られることはありません!!

改めて、良い土地に巡り合えて本当にラッキーだった!!

子ども達も嬉しそう!!

玄関側

次は玄関側を見てみましょう。

え、ふつうやん・・・

と思うかもしれません。

でも、我々は普通じゃない所におよそ1ヶ月住んでいたのです!!

雨が降った時などは、靴が泥だらけになっていたのです!!

外構が普通に整っているだけでもありがたいことなのです!!



ただ・・・、

夜になると、なんだかさみしい。

隣の家は、ちょっとした外灯があってオシャレな感じだ。


ということで、我が家も何かワンポイント入れようと。

実は外構が出来上がる前から、太陽電池式の外灯をつけたいと思っていた。

しかし、ソーラーパネルってなんかダサいんだよなぁとちょっと悩んでいたところ、

ソーラーパネルが見えない形の商品を発見。

Tablo ソーラーライト

これはソーラーパネルと電球が、氷のようなガラスに覆われているキューブ型の電灯。

日中、太陽光により充電した後、夜になると自動で点灯するという物。

もちろん防水なので、雨の日でもそのまま外に置いておいてOK。

それほど高価なものではないため、4個セットを試しに注文してみることに。



すぐに届いて、早速商品を手に取ってみた。

外に置くものだけあって結構重い。ガラス部分はかなり頑丈。

ということで、外に置いて夜になるのを待つことに。

すると・・・

うん、まぁまぁかなぁ。

四隅に置いたので、明るさがいまいち伝わりにくいが、

ひとつひとつはしっかり光っている。

これはあれだな、もうあと4個あると良いんだろうな。

中央部分に設置すると、夜帰宅する際の「おかえりなさい感」がでるだろうな。


あと、この埋め込み型の外灯ってのが、通行人に

「この家、なんかカッコイイことしてるなぁ」と思わせる効果もある。(多分ある)

家が整っての感想

3月に引越して新居の生活がスタートしたが、

まだ、外構が整っていなかったため何かと不自由な生活を強いられていた。

特に擁壁側は崖地になっているからリビングのガラス戸を開けることができない。

また、通りからは5メートル高くなっているとは言え、リビングのカーテンを開けていると通行人に見られてしまう状態。

しかし、その不自由さからようやく解放!!

家と外構が、ようやく整った!!

子ども達に、「そっちいくな!!」「泥は落としてから入ってきて!!」と言わなくて済む。

また、我が家は車を持っていないが、

妻のご両親が来る際、駐車スペースができたのでコインパーキングに停めなくても良くなった。

改めて、

新居は快適だ・・・

そして、この「一戸建てへの道」シリーズはそろそろ終焉を迎えそう。

タイトルとURLをコピーしました